俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

同人限定。 - ドウジンゲンテイ - #EX

同人限定-ドウジンリミテッド-

どうもこんばんわ。チェロスがくたばっているため、
同人限定』連夜の更新です。

さて、今夜は、君の美術館C78新作

『Viator de memoria - Episode I -』
Viator de memoria - Episode I -

の見所を独断と偏見で語らせて頂きましょう!
それでは早速!

完全新シリーズ
今までの『Code:Alice』や『monologue』シリーズとは全く別の新シリーズです。
現代のごく普通の女子高生が手にした、壊れた懐中時計。
その中に納められた5つのメッセージと懐中時計のルーツを探る少女の旅。
5つのメッセージが残されるに至った過去のエピソード。
何やら歴史を遡る一大スペクタクルになる予感?

過去と現在、二つの物語
過去にメッセージが残されるに至るまでのエピソードと、
それを追ってゆく少女の旅。
二つの物語の交差がシリーズを通して展開されます。
過去の事実に対して、現代を生きる少女はどの様な想いを抱くのでしょうか。

少女の旅、独白と記録
カメラを持ってメッセージに関係した各地を旅する少女の旅。
彼女の目を通して見た過去の事実を
今回、ゲストとして参加して頂いた月詠ぼたん氏が、
情感豊かに表現して下さっています。

舞台を彩る登場人物たちの歌唱
エピソードの登場する人物たちが物語の進展に従って、
彼らの視点で、その時起こっていることを歌い上げます。
時には、2人、3人、4人・・・と複雑に絡み合うミュージカル仕立ての
歌唱をお楽しみください。

主題歌と劇中歌、飽きさせない構成
単曲として各話の物語の要点を凝縮した主題歌と、
より詳細に物語を読み解いてゆくための劇中歌。
作曲担当PHEVOTTの渾身の楽曲と、
黒岩サトシの物語に基づいた歌詞、
完全生演奏によって表現される情熱的な世界観を
存分にご堪能ください。

以上、5点、言ってみれば『monologue』シリーズをより洗練された形で、
新たな物語を紡ぎ出すことに取り組んでいます。

それでは、今日はこの辺で!
スポンサーサイト

| 旧 日:漫画・アニメ | 18:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

番組変更のお知らせ

いつもブログに足を運んで下さってありがとうございます。

さて、各曜日ごとにテーマを設けてお届けしている俺の図書館。
ここで少し番組の変更を致します。


日曜日:チェロスによるフリーコラム

火曜日:黒岩サトシによるあれこれ色々(笑)


他の曜日は引き続き現在の番組を続行致します。
それでは今後とも俺の図書館を宜しくお願い致します(・∀・)

| 旧 日:漫画・アニメ | 23:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日も日本酒オフ?

どうもこんばんわ!

日本酒オフを経まして、
ちょっと日本酒についてもう少し書きたいと思い、
本日も日本酒絡みのお話です。

まず、お酒は好きだけど、大手居酒屋チェーンや
スーパー・コンビニで販売されている様な
安い「普通酒」を飲まれて、
日本酒に対して苦手意識を持ってらっしゃる方!
大変勿体無いので、1升2000円前後のもので
信じられないぐらいおいしいお酒もあるので、
是非とも飲んでみてください。
きっと日本酒に対する見方が変わってくると思います。

そういうことで、今回は1升2000円前後で美味しい地酒をご紹介。

初亀 縁 プレミアム

まずは、このお酒。
山田錦の未検査米を利用しているため、
本醸造以上の特定名称酒を名乗れないため、
普通酒として売られていますが、
味わいは吟醸クラスの仕上がり。
大変飲みやすく、どんな料理にも合う万能なお酒です。

リンク:はせがわ酒店

五橋 トラタンひやおろし

こちらも規格外米の山田錦を使用しているため、
普通酒として販売されています。
"ひやおろし"なので、飲めるのは九月以降となります。
味はやや酸が強めの辛口ですが、
上品な香りと十分な旨みがあるので、
安っぽさを全く感じさせません。
このレベルでこの価格かと驚かされた最初のお酒です。

リンク:日本酒ショップ五橋


楯野川 清流

本醸造クラスからはこのお酒を。
かの有名な十四代 本丸を意識して作られた
楯野川の渾身の傑作・本醸造です。
料理を引き立てる上質な水の様な味わいで、
食事は進む、酒も進むである意味では怖いお酒です。
本醸造クラスになると、駿や醴泉などレベルの高いお酒が、
それなりに出てきますがあえて
本醸造からはこの清流だけ紹介させて頂きたいと思います。

リンク:はせがわ酒店

上喜元 純米 出羽の里

80%という低精白でありながら、
味わいは大変上品で落ち着いています。
米の旨みを感じられる上にくどくなく、
後味もスッキリとしているため
大変飲みやすいお酒です。
低精白だと馬鹿にしていると驚かされますね。

リンク:はせがわ酒店

徳次郎 特別純米

五百万石を丁寧に55%まで磨き上げておきながら、
2200円と言う低価格。
フルーツ系のさっぱりとした味わいと
ふくらみのある米の味わいを同時に感じられる
特徴のある味わいで、とても1升2200円とは思えません。

リンク:はせがわ酒店

貴 純米 濃醇辛口80

こちらは先程の上喜元と同じく
80%の低精白、酒米は山田錦です。
このお酒もまた低精白の価値観を覆すに相応しく
安易な辛口というより旨甘系の味わいが勝っている
作りこまれたお酒にしか出せない
仕上がりになっていると思います。
今までご紹介した中でも
一際味のしっかりしているお酒です。

リンク:鈴木三河屋

兆久 純米

価格からは考えられない程、
旨み、甘味、酸味、渋みのバランスが大変よく、
後味もすっきりしている物凄いお酒。
昨今のデフレが地酒業界にまで
広がっているのではないかと思われるほど
価格に対して素晴らしすぎるお酒です。

リンク:神田小西

豊香 純米 生原酒

こちらは70%精米のお酒。
酸味主体の切味のよいお酒です。
飲み下す直前の辛味が心地よく
何杯でも頂きたくなる様な素敵なお酒です。
ですが、含んだ時の香りで、
酸味が前面に出てくる中、味わいの方は
心地よい甘旨みがあり、淡白ではありません。

リンク:はとや

風の森 しぼり華 アキツホ

最後に紹介するのは、
地酒界の「キングオブコストパフォーマンス
だと思っている風の森 アキツホ。
開栓直後は酵母の発した炭酸がまだまだ入っており、
元気な甘旨口に炭酸がフレッシュさを加えています。
飲み下す直前には元気のいい酸味、
後味には強烈な辛味が待ち構えており、
本当に隙の無い素晴らしいお酒です。
更にこのお酒、開栓後、常温熟成をしても
決して味が老ねない物凄い酒質の良さなので、
もし1升買うようなことがあれば、
開けてからゆっくりと常温で保存して
1ヶ月ぐらい味の変化を楽しんでみて下さい。

リンク:酒のあたべや

| 旧 日:漫画・アニメ | 21:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【お詫び】日曜記事お休みのお知らせ

大変申し訳ありません。

6/20(日)の記事に関しては、
担当メンバーがとら祭りで出払っていたため、
お休みさせて頂きます。

来週の記事にご期待ください。

| 旧 日:漫画・アニメ | 06:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週間(笑)年サンデー(仮) #31

■ご挨拶 筆者:黒岩

どうもこんにちわ。
とらまつりまであと1週間!
今週もコミック紹介ということで登場の黒岩です。





■最近のおすすめコミック 筆者:黒岩

(大いにネタバレ含むので注意)

『SKET DANCE』(1~13巻) 篠原健太 著 集英社 2007~

篠原健太先生が描く少年ジャンプで連載中の学園コメディー。
たまには少年誌のコミックの紹介もしないと。
なんて、間に合わせ的な考え方で紹介するわけではございませんw
本当にオススメのコミックです。

物語の舞台は開盟学園という高校。
そこの学生である、藤崎 佑助(愛称:ボッスン)、
鬼塚 一愛(愛称:ヒメコ、鬼姫)、笛吹 和義(愛称:スイッチ)の3人が、
この物語の主人公です。
さて、この3人、"スケット団"という部活動(?)に所属しているわけですが、
その活動内容というのが面白く、
「主に学内の問題の依頼を受けて解決する」
というものです。
なんだか生徒会や教師陣が形無しな気もしますが、実に面白いですね。
その「依頼→問題を解決する」というのが、1話もしくは数話で完結し、
物語が進行していきます。

基本的には学園コメディーらしい「面白さ」
そして時折織り交ぜられる少年誌らしい道徳的な「真面目さ」。
この2つが、この漫画の"売り"と言えるのではないでしょうか。
何しろ、各キャラクターの個性と、脚本が素晴らしい。

スケット団に所属する3人にしても

ボッスン→困っている人を放っておけない、手先が器用、推理力が高い
ヒメコ→ケンカが滅法強い、その反面家庭的な面もある(家事が得意)
スイッチ→会話はノートPC、パソコンの扱いなど情報収集力が高い

など各キャラクターのキャラ付けがハッキリしていてわかり易く
思い入れもしやすいです。

ただ各キャラクターの過去には、
なかなか一筋縄ではいかない深刻な問題があります。
これは読んでみて確認して欲しいのですが、
各キャラクターの個性に一層の深みを与えていると
言えるものだと思います。

現在、ジャンプの連載では、
ボッスンとヒメコの人格が入れ代わったりと
ドタバタな展開になったりしていますが、
相変わらず面白いです。

人気コミック目白押しのジャンプの中にあって、
個人的には一際輝いていると思われる
『SKET DANCE』を紹介させて頂きました。

| 旧 日:漫画・アニメ | 23:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。