俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フィジカルすたいる

前回の続き!


午前5時過ぎ。
ついにやってきた分娩室!!!
痛みで重くて動かない身体をなんとかもちあげて分娩台に。
やはりこの体勢ははずかしい…なんて思ってる余裕なんてもちろんなかったw
でも分娩室に移動してから、かなり冷静になったんだよね。
いきんで良くなってから痛みが和らいだような気すらしてた。

「もう我慢しなくていいよー。痛みがきたら全力でいきんで、限界がきたら深呼吸ねー」
と助産師さんに言われ、ひたすらそれを繰り返す。
「初めてなのにいきむの上手ねー!その調子ー!」
って言われて、褒められて伸びる子なもんで自信を持って股に全力を注ぐ!!

でもやはりそう簡単には出てきてくれなくて、
そのうち疲れてきちゃって深呼吸がうまくできなくなっちゃったのね。
「ちゃんと深呼吸しないと赤ちゃんに酸素がいかないから頑張ってー」
って言われて、頭ではわかってるんだけどうまくできなくて、
でもこのままだと赤ちゃんに酸素いかないーあぁどうしようどうしよう…
って焦って余計にうまくできなくて…と、そうこうしてるうちに酸素マスクを装着され、
「ちょっと赤ちゃんこのままだと苦しいから、少し切開して早く出してあげようね」
と助産師さん。

きた。
ついにきてしまった。
会陰切開…覚悟はしてたものの、今までの人生、手術もしたことなければ傷を縫うなんて経験もないもんで、正直陣痛の痛みよりもびびってたのw

すっと奥の部屋から先生がやってきて、ささっと準備を終わらせ、
助産師さんよりもはるかに淡々とした声で
「はいじゃあ麻酔うちますねー」
って言われたと同時に少しチクッとして、それからいつ切開されたのはわからなかった。
この間もずっと私は、いきんで〜深呼吸してを繰り返してたんだけど、
麻酔もしてるし陣痛の痛みもあってか、切開の痛みは感じなかったな。
今思うと、切るときは「じゃあ切りますねー」くらい言えよって感じですがw

とにかくいつ切開されたのかはわからなかったけど、麻酔をうたれてから3回ほどいきんだかな。
温かい塊がズボッとでたかと思うと、
「もういきまなくていいよー」って言われて、
え?って思った瞬間におっきな泣き声がして、
えぇ?!って、一瞬頭が真っ白になってる間に助産師さんに抱きかかえられた赤ちゃんが目の前に!
本当に一瞬の出来事だった!

産まれた…?やべー本当に私から赤ちゃんが産まれた…!!?
っていうのが一番最初の感想ww
芸能人とかの出産のときのブログを読むと
「生まれた瞬間に感動して涙がでました」とか書いてあったけど、
私はただただびっくりだったなー。
でもあらためて思い返すと、けっこうグッとこみ上げてくるものがありますね。
こうして平成25年5月25日午前5時44分に元気な男の子が誕生いたしました☆

この間、旦那さんはずっと横についててくれて、
私が水くれと言えば水を飲ませてくれて、手を握ってくれて、
居てくれてよかったなぁと本当に思いました。
助産師さんからは
「とってもスピーディーで静かな出産でしたね」
と言われましたw
だいたいみんな痛みで大声あげたり変な事言ったりするみたい。
旦那さんにも確認してみたけど、私は特に何も言ってなかったみたいw
何か言っとけばよかったかなーww

これが私の出産体験談です!
もちろん十人十色だけど、言葉にならない感動は間違いなくあります!
出産を経験して女として究極進化したような気もします!w

息子も早いものでもう2ヶ月!
私もママ2ヶ月!
一緒に成長していこうと思います♪

これからは育児ブログになりそうw

| 日:fanfan., fi-fy | 21:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。