俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音屋カンタービレVol.17

こんばんわ、音屋カンタービレのお時間です。

今日はバレンタイン目前!・・・という事でいつもと違う番外編をお送りします。
題して・・・

へぼのへぼい音楽理論講座

うん、バレンタイン全く関係ないですよヽ(゚∀゚)ノ☆
編集長一人で頑張るですorz

へぼさん、理論講座でもやりなよ」・・・この一言がキッカケ。
別に僕は理論に長けているわけでもなく、理論フェチでもありませんw
楽曲を彩る際に一つの手段として知っておくと便利だな~といった具合です。
同人音楽をなさっている方々で理論に苦手意識を持っている方もいるようなので
僕の知識が役に立つか甚だ疑問ですが、お力になれたらなと思い、書いてみます^^


今日は 転調 について。
君美のオリジナル曲を例にとってお話致します。
暁の出逢い、永遠の幻想」の簡易音源を用意しました。
まずは聴いてみて下さい。

http://www.kimino-museum.com/archive/blog_piano..mp3

この曲は各セクションでKeyが違います。

Aメロ=C Major
Bメロ=D Major
Cメロ=A Major

ではまずコード進行を表記します。
(分かりやすくする為にコードはトライアドになってます)

Aメロ
 F→G→Am    F→G→C
 F→G→Em→Am F→G→Asus4→A

Bメロ

 G→A→F#m→Bm G→A→D
 G→A→F#m→Bm G→A→Badd9→C#sus4→C#

Cメロ
 
 D→E→C#m→F#m D→E→C#→F#m→A
 D→E→C#m→F#m D→E→F#m

至って普通のコード進行です^^
お気づきかもしれませんが、キーワードは「sus4」です。
このコードを使い、目当てのKeyへとドミナントモーションを組めば
非常に簡単に転調させる事が出来ます

例えばAメロの最後2小節

F→G→Asus4→A

ここの「」は本来ならば「Am」がダイアトニックに順ずるコードですが
次のBメロのKeyへのドミナントモーションの推進力を強める為に
あえてメジャーのコードにしてあります。
そして、そこへの流れを円滑にする為にワンクッション!
ぽふっと sus4 を挟んでいます。
これにより転調の流れがスムーズになると共に
聴き手に 転調するよ っていう 予兆 を示してくれます。
(Bメロ→Cメロも同様です)

この予兆を入れれば緩やかな転調を組む事が出来ますし
入れなければ突発的な転調に仕上げられます。
そこは自分が聴き手にどういった印象を与えたいか・・・そこ次第です^^
僕はこの曲のメロディを綺麗に繋ぎたかったのでsus4を使いました。

この曲はAメロとCメロが和風テイストなのに対し
Bメロはとてもポップに作ってあるので、そこの行き来がポイントです。
基本的に2拍1コード、BPMの割に流動的な楽曲なので
Bメロの最後4小節はあえて1小節1コードの流れにし、
今までと違うタイム感を聴き手を与えて、サビへの推進力を高めています。
またadd9ダイアトニックⅥm の時に用いる事で、
メジャーでもマイナーでもないトニックの響きが独特の浮遊感を生み
C#sus4→C#の流れを受け入れやすくしています。

その際、Aコードからメロの到達点をコードの 5度 に持っていき
和声的に少ない倍音で進行させています。
これにより、サビの頭の「ド#ミファ#」というフレーズの到達点が
Dコードの 3度 に当たるので、よりサウンド的に綺麗に収まるというか
転調した時に生じる緊張感をボイシングの内声にメロを持ってくる事で
上手く調和させているわけです。

このようにコードだけでなく、メロによっても
転調の聞かせ方は操る事が出来ます。
今日は触れませんでしたが、バックサウンドのリズムも重要ですね^^

もちろん、sus4大先生以外にも転調の手段は星の数程あります。
でもsus4は用いやすい上に効果バツグンなので、
転調が苦手だな~って方は是非使ってみて頂きたいです。

sus4からの転調はかなり やり尽くされた感 がある、またコレか・・・と
もう馴染みあるサウンドになっているので新鮮味は無いかもしれません。
でも僕は使いたい時に使えば良いと思うのです^^
王道だとか、常套手段だとか、関係ないと思います。
最終的に楽曲が良くなればそれで良い!そんなもんだと思いますよ^^


さぁ少しはお役に立てたでしょうか^^
今日は初歩的な事例でしたが、そういう所がとても大事だと思いまする。
次回は・・・いつかやりますw

ではまた来週~♪

PHEVOTT

| 旧 金:音楽 | 21:51 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

普通に楽しい授業だ!!!


またやって!!!

| ジョージア | 2010/02/13 00:33 | URL |

な、なんという専門用語の嵐!(笑
8割程度しかわかりませんでした。。。(笑

しかし勉強になりましたフェボ先生!

| Azu | 2010/02/13 00:36 | URL |

>ジョージア
楽しんでるのはアナタだけじゃなくて?w

>Azu♪
これを機に理論を習得しちゃって良いんだぜよ☆

| PHEVOTT | 2010/02/13 23:52 | URL | ≫ EDIT

楽しませてもらった人がここにもw

へぼさんの講義面白いです!
次回も期待してますねw

| 梗 | 2010/02/15 03:16 | URL | ≫ EDIT

>梗ちゃん
なん・・・だとw
梗ちゃんにとっちゃ今更って感じだったでしょう^^

え・・・次回ですか、うーんwうーんwww

| PHEVOTT | 2010/02/15 16:56 | URL | ≫ EDIT

おいらには日本語でおkでした!

| Hisp | 2010/02/16 04:18 | URL | ≫ EDIT

>Hisp
ボクにとっちゃwebプログラミング言語の方が日本語でおk^^

| PHEVOTT | 2010/02/16 16:04 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。