俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音屋カンタービレVol.18

こんばんわ、音屋カンタービレのお時間です。

うちの記者共はネタの取材に手古摺っていたりサボっているようなので
今日も編集長独りで頑張ります #^ω^)ビキビキ
きっと来週あたり面白いネタを持ってきてくれるので期待していましょう^^

さて、何故か割と好評でした理論講座をまたやりますw
ブログ外でも反応を頂き、嬉しい反面、驚きました^^
今週も頑張ってみます><



◆へぼのへぼい音楽理論講座

第二弾 『コードアレンジメント』

そもそも、理論は解釈によって色んな捉え方が出来るので
正解!・・・というものはありません。
それを踏まえた上でお話致します。

分かりやすいように音を幾つかzipに入れてありますので
各要項に応じて再生してみて下さい^^

http://www.kimino-museum.com/archive/blog_otoneta.zip

基本的にダイアトニックのシステムの上で考えますね。
まず、ダイアトニックを表記しますと
Ⅰ Ⅱm Ⅲm Ⅳ Ⅴ Ⅵm Ⅶm(♭5) Ⅷ=Ⅰこうですね。

これらの
トニック(T) サブドミナント(SD) ドミナント(D)
をそれぞれ入れ替えたり
別のKeyからのダイアトニックの考えを応用させて突っ込んだり・・・
コードアレンジメントとはそういう事です^^簡単に言えばですがw

では具体的例を。

Key=C Major
音源①oto01.mp3

C→F→G→C (T→SD→D→T)
よくある一般的なコード進行ですね^^

ではここで、メロは変えずにコードの働きが同じものを
同Keyのダイアトニックから入れ替えてみます。

音源②oto02.mp3

Am→Dm→Em→Am 

極端にマイナーにしてみましたが、要はこういう事です。
同じメロディーでも構成する和音が変われば色もガラリと変わります。
それらを要所要所で用いたり、駆使する事で楽曲の彩りを豊かにしてくのです。

-------------------------------------------------------------------------------------

前回、音源にてご紹介した『暁の出会い、永遠の幻想』のサビを
試しにコードアレンジしました。

音源③oto03.mp3

どうでしょう?先週の音源と比較してみて下さい。
コードの彩りがけっこう違いますよね、それでもメロは全く同じものです。

コード進行は・・・

D/B→E/B→D/B→C#m/B  DM7→E/D→F#m/D→E/D
D/B→E/B→D/B→C#m/B  DM7→Eadd9→F#sus4→F#7

基本的にこのコードワークはサビのKeyであるF#mのⅣにあたる
Bmを軸に考えられている展開です。
言ってしまえばF#mのKey上でBmのKeyが流れていく・・・そんな感じです。

ただ、どうしてもオンコードは浮遊感が出てしまうので
最後の2小節はスタンダードな進行にしています。
ポップなメロにはこういう〆があると、それまでの展開も和らぎます。

ちなみに上記をそれぞれのテンションとして表記すると・・・

Bm7→Bm(11,13)→Bm7→Badd9(11,13) DM7→DM9(#11,13)→DM7→DM9(#11,13)
Bm7→Bm(11,13)→Bm7→Badd9(11,13) DM7→Eadd9→F#sus4→F#7

まぁ・・・この表記なら上の分数コードの方がいいですよねwww

これはアッパーストラクチャートライアドの概念から考えても良いし
ステイし続けるベースラインを考え テンション音を重ていく でも良いし・・・
どちらでもおkです^^正解なんてありません。

この音源ですとピアノの左手はポンポンしてるだけですが
こういう時はベースラインの味を出しやすいです、
ベースが出しゃばるチャンスでもありますwうへへw


さて、問題なのは何故F#mのKeyでBmを軸として考えられるのか・・・
これはサイクルオブフィフスという概念が深く関わっており
F#m(嬰ヘ短調)に対しBm(ロ短調)が下属調であるからです。

下属調や属調、平行調など主となるKeyと近い存在にある調を近親調と言います。
何気ない普通のコードワークでも細かく見れば
意外と近親調を行ったり来たりしているものなんです。

まぁ簡単に言えばメインのKeyから数えてⅣやⅤ、利用頻度が高いコードの位置には
転調しやすかったり、使いやすい代理コードがごっそごっそあるぜぃ!って事ですw


最初は音源①→②のように、分かりやすいコードアレンジから始めると良いと思います^^
もちろん、代理コードや転調なんて一切使わなくたって良い音楽は生み出せます。
和声に懲りすぎてサウンドとして何を残したいのか、見えなくなってしまうパターンも多いです。
何事もサジ加減が大切です♪それを僕は忘れないように心がけています^^


それでは今週はこの辺で~☆

PHEVOTT

| 旧 金:音楽 | 23:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

これはなんという俺への誕生日プレゼントwwww
ありがとうございますw

アッパーストラクチャートライアド……(´・ω・`)?
初耳なのでちょっと調べてきますww

| 梗 | 2010/02/21 02:07 | URL | ≫ EDIT

>梗ちゃん
誕生日おめでとう!本日二度目w
お、お役に立てて嬉しいです><
コードアレンジメントはアレンジャーにとって悩みの種だもんね。
お互い頑張ろう^^

| PHEVOTT | 2010/02/21 05:16 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。