俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音屋カンタービレVol.22

コンバンワ!音屋カンタービレのお時間が今日もやってまいりましたー。
今書いてるのはわたくしチェロスなのでいつもよりグダグダでカオスになることをご了承くださいませ♪
すみません先に謝っておきますみませんw

ではいってみよう!


◆チェロスのおすすめアーティストその2

今回紹介させていただきますのは、唯一無二の強烈な個性、独特のセンス、圧倒的なカリスマがある素晴らしいロックバンド


THE YELLOW MONKEYです!

http://www.theyellowmonkey.com/

メンバーは、
吉井和哉(vo)、廣瀬洋一(b)、菊地英昭(g)、菊地英二(dr)


とりあえず動画を観ていただきましょうか!
(言葉で説明とかやっぱりうまくできないんでいっぱい貼っとくんで全部観なくてもいいですよー)

SPARK
http://www.youtube.com/watch?v=Wxbid_n4T_o&feature=related

MY WINDING ROAD
http://www.youtube.com/watch?v=VpVDFSGNSq8&feature=related

BRILLIANT WORLD
http://www.youtube.com/watch?v=Nnuz1RlhpNU&feature=related

パール
http://www.youtube.com/watch?v=TrmLXdnYXZk&feature=related

LOVE LOVE SHOW
http://www.youtube.com/watch?v=JzU_AbSXoNA&feature=related

バラ色の日々
http://www.youtube.com/watch?v=3vu_C31ymQQ&feature=related

楽園
http://www.youtube.com/watch?v=p0-SrC_wYV8&feature=related

BURN
http://www.youtube.com/watch?v=JNJ-xjMZUk4&feature=related

SHOCK HEARTS
http://www.youtube.com/watch?v=zbvvWPmKHdk&feature=related

球根
http://www.youtube.com/watch?v=Yxzlk2YEvpk&NR=1

SUGER FIX
http://www.youtube.com/watch?v=DCKEVEU8I3Y&feature=related

SO YOUNG
http://gY&feature=related">http://www.youtube.com/watch?v=RlKyjpxfXgY&feature=related


すごく好き過ぎますし人に言葉で伝えるのは苦手なので何を語ればいいか悩みますが^^
70'sロック・サウンドを基調としながらも歌謡曲的な湿り具合をもち合わせた楽曲、圧倒的な演奏力を持っています。好きです。
グラムロックの影響も沢山受けててグラマラスな出で立ちが素敵です。好きです。

哀愁とセンチメンタルと泥臭さとシニカルさと男らしさといかがわしさ。
いろんな魅力があります。大好きです。
詞世界も他にはない吉井ワールドが展開されております。

流石昔おちけんだっただけありますね。なのでダジャレ好きな方にもおすすめです!

吉井さんの長い指とアクションにも目を奪われますよー僕らを魅了してやみませんねー!


歌詞も真面目に切ない情感を感じるものも沢山あれば


【アホのソテーができるぜ】


とかシニカルで突飛なメタファーとか、

【あっかんべーしたまま】と【I CAN BE SHIT,MAMA 】

をかけたり、言葉遊びも沢山していて面白く、

【石で性器をつぶしても君を好きでいられるから】
【改造ペニスのロボトミー】など、過激な表現も昔に遡るほど見られる気がしますね。

3rdアルバムまでは結構アンダーグラウンドな感じなんですが、僕はそれも大好きで、
特に2ndアルバムの【未公開のエクスペリエンス・ムービー】 は上記に貼った曲たちとは違う雰囲気ですがオススメです。
シャンソンとかブギーとかタンゴとかを取り入れていた気がします^^


彼らのおかげで僕は美輪さんを知って好きになり、デヴィッドボウイやマークボラン、Sweet、などを知って好きになることができました。
僕のルーツの一つです。精神的なことをすごく勉強させられましたね。
このバンドに出会えていなければ君美の緑眼のジェラシーや平安のエイリアンヴォーカルアレンジも
あのように歌っていないと思います。


とてもかっこいいんで是非まだ知らない皆さんにも聴いていただきたいです!!!

最後に一番有名な曲を貼っておきますねー♪
ではでは!

JAM
http://www.youtube.com/watch?v=esjUMYQGpN4&feature=related





◆へぼと愉快な仲間達~あず♪編part2~


<あず♪>
今日は僕が愛用しているシンセサイザー「TRITON STUDIO」について
ちょこっと語らせていただきます!

TRITON STUDIOはコチラ
http://www.korg.co.jp/Product/Discontinued/TritonStudio/

もしかしたら見た事ある人がいるかもしれません!

 
はい。実は君の美術館での名古屋に行った時のライブと
つい先日やったライブにはこの愛用TRITONちゃんを持っていきました。
 
もう6年ぐらい前に18万ぐらい出して購入してからずっと愛用しています。
僕がもってるのは61鍵盤で少し鍵盤数が少ないんですが僕が気に入ってる点がいくつかあります。
 
1.当時はタッチパネルで操作するのが珍しく、操作がしやすい点。
2.敢えて鍵盤タッチを軽いものを使う事によって指の周り具合が凄まじい事になる。
3.KORG社のピッチベンドコントローラはレバーを上下左右に倒すだけでピッチとモジュレーションがコントロールできる事。
4.そのすぐ下のタッチパネルをなでるとハイカットができる。

そして見た目がクール♪

もう売ってないんですよねコレ・・・。

6年ぐらい前はこのTRITONから華麗に放たれる音メインで作曲してました。
音が分厚いんですよやっぱりKORGは。

因みに今でもたまにKORGを音をサンプリングして使う時があります。
ソフトシンセのほうがバウンスする時とか便利なんですが
どうしても生演奏のニュアンスに近い分厚いシンセリードが欲しい時とかは重宝しますねー。。。
 
そんなこんなでTRITON STUDIO(とらいとん すたじお)を覚えてあげてやってください♪


はいー今日はこの辺で^^ノシ
来週も音屋カンタービレをお楽しみにー♪


あ!時間ギリギリ更新でうっかり書き忘れておりました!!!
Seven Colors Army・例大祭、お疲れ様でした!!
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

| 旧 金:音楽 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。