俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

同人限定。 - ドウジンゲンテイ - #号外

同人限定-ドウジンリミテッド-

同人限定、号外的なそういう。

本日は同人音楽を嗜む方なら一度はその名を耳にしているでしょう、
"Sound Horizon"について語ってみたいと思います。

■前書き。

本日は色々ありました・・・。
まずこの記事が更新されたのが 07/04 04:20 です。えぇ、時間詐欺です。

今日は新しい機材の試奏と収録のコンボでした。
ワイヤレスを試してきたのですが・・・いやいやどうして。
噂に聞くよりも全然音も劣化しませんね、物にもよりますけど。
次回からのライブで活躍してくれること間違い無しですね。

・・・えぇ、そんなどうでもいい話はまたにしろってね。
早くサンホラ談義が聞きたい訳ですよね、えぇ、理解していますとも。
でも期待していると大損する事うけあいなので注意が必要です。
海よりも寛大な心で見て頂く必要があります。

■という訳で。

皆さん、先日発売された"イドへ至る森へ至るイド"は購入されましたでしょうか。
まずはその不可解なタイトルが気になる所ではありますが・・・
僕は気が付いたのが遅くてAmazonでは既に初回版が売り切れ。
途方にくれていたのですが、丁度渋谷に行く機会がありまして、
残念なことに閉店するというHMVを見掛けたので寄った訳ですよ。

・・・、全然売っているではありませんか。

流石渋谷。閉店も頷けてしまいますね・・・。
まぁ、こんな前置きもどうでもいいですよね。

肝心な中身ですが、今回は初音さんの所のミクさんが歌っているという事で。
色々心配していましたが、あの使い方は何ていうか上手いですよね。
曲は最近のサンホラという感じでしたけど、7th story CDが楽しみになりましたね。

今作の舞台はドイツ。ドイツは何故か厨二臭がすると友人間では言われています。
いえ、僕は大好きですよ?友人も住んでいますしソーセージ好きだし。
今回のサッカーWC杯でもドイツ凄いですよね、いえ、本当に好きなんですよ?
あと大学で副専攻でドイツ語を選択するとみんな単位落とすって聞きますね。
あぁ、また話しが脱線しましたね、仕様だと思って諦めてください・・・。

しかしまぁ、作品が発表される度に参加者が豪華になって行きますね。
まるで同人音楽サークルでいう・・・いえ、ここから先は止めておきましょう。

個人的にはギターのジェイクさんとか好きだったのでちょっと残念なのです。
歌唱もREMIさんとか好きなんですよね、微妙に知り合いなだけに。
なので豪華なのも好きだけど、同じ人で続けて欲しいという気持ちもありますね。

でもそういう自由度も、ある意味サンホラの魅力なのかなとも思っています。
他に類を見ませんしね、メジャーシーンでは特に。

あ。 大事なことを言い忘れていました!

今作には何と!何と!僕の大好きな"沢城みゆき"さんが参加されています!
これだけでも僕には2~3枚は買う価値が出てくる訳ですよ!

■えー。

ここまで読んで、本編に対して全然触れていないじゃないかーって。
いやいや、ネタバレは良くないわけですよ。何事も。きっと。たぶん。
ただ一つ言えるとすれば、PVはもうちょっと何とかなったんじゃ・・・って。

でもまぁ、サンホラの音楽は音だけではなく視覚的にも楽しめた方が良いと思うのです。
だから最近のライブは演出も凝っていて、一度は行きたいなって思っています。
しかしながら一人で行く勇気は無い小心者な僕です。誰か一緒にry

■さてここで。

唐突に、どのCDが一番好きか語ってみようかと思います。
実はかなり前から聴いてはいましたので、昔の作品も結構持っています。
個人的には"Lost""Thanatos"がお気に入りの一枚なのですが・・・
曲単位で言うと最近のも好きなものはあるのですけれど、
作品全体を通して聴くとどうしても疲れてしまう傾向にあります。

しかしその流れを良い意味で切ってくれたのが、前作"Moira"です。
最初聴いた時は、非常に印象に薄かったんですね。
でもライブDVDを観てみて『あぁ、こういう事がやりたかったのか』って。
それから良い作品だなーと思うようになりましたね。
"Roman"はCDは良かったけど、ライブは単調で残念に感じましたねー。

とは言った物の、やはり過去の作品のほうが好きですね。
既に8年経った現在、この作品たちを聴くと、同人音楽の世界で例えたら、
完成度という点でこの域に辿り着いているサークルは少ないと感じてしまう程です。
そして僕は"あらまり"厨です、本当にあry

■楽曲単位で言うと。

甲乙付けがたいですけど・・・
"魔法使いサラバント"が一番好きだと思います。
メジャー後だと"朝と夜の物語""エルの天秤"かな・・・。

■そういえば。

どうでも良い話なんですけど。
"イドへ至る森へ至るイド"初回版のバックカード。
著作権関係の事が書いてある、最後のところの"k."って何なんでしょう?
ただの誤植かなぁ。それともこういう表記があるんでしょうか。
まぁ、これもどうでも良い話ですよね。

どうでも良い話をしていいならまだまだ語れるんですけど、
そもそも更新時間が大幅に遅れていますので、今日はこの辺でお開き。
最後まで読んだ人は居ないとは思いますけど・・・
もしも最後まで読まれた奇特な方が居ましたらコメントでもどうぞw
但し批判的なコメントにはめっぽう弱いのでご勘弁をば。

ではでは、長文駄文失礼しました、ありがとうございますー。

| 旧 土:同人サークル | 23:59 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

あらまり厨の僕が通りますよ。
やっぱり過去の作品の方が好きな人おおいですよねー
まぁ僕も過去の作品のほうが好きですけどねw

| 七草 | 2010/07/04 19:11 | URL |













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。