俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音屋カンタービレVol.37

こんばんわ、音屋カンタービレのお時間です雨凄いですですです。
今日はこんな梅雨のジメジメも吹っ飛ばすアーティストをJhojiaがリスペクト!!


<Jhojia>
またまた紹介させていただきます、じょーじあです!!

今回はこの方々

NICO Touches the Walls

http://www.nicotouchesthewalls.com/


Vo.光村龍哉

Gt.古村大介

Ba.坂倉心悟

Dr.対馬祥太郎

の四人からなるバンド。


最近は日本武道館でライブをやったりともうすでに大人気なので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか?

今までインディーズを合わせれば、
7枚のシングルと2枚のアルバム、2枚のミニアルバムをリリースしています。

曲もロックなものからポップなものまで幅広く揃っており
(多分僕が個人的にこういうふり幅の大きいアーティストが好きなんでしょう…)
サウンドはギターロックが主軸となっています。
今回のアーティストもギターロックの苦手なへぼさんにお勧めですよー。

では去年出した最新アルバムの紹介を


『オーロラ』

1.Aurora
2.ホログラム
3.芽
4.Lonesome Ghost
5.ビッグフット
6.かけら -総べての想いたちへ-
7.錆びてきた
8.レオ
9.N極とN極
10.風人
11.波
12.トマト


2曲目はアニメ『鋼の錬金術師』のOPにタイアップされ、
6曲目はドラマの主題歌にもなっていました。



僕のお勧めは、あえてこの二曲を外して

9曲目の『N極とN極』をお勧めします。

曲的にはギターロックて感じだけども歌詞が面白くて気に入っております。


是非こちらのアーティストも聴いていただければと思います。


<へぼ>
ギターロックが苦手なへぼが通りますよっとw
一つ断っておきますが、僕はギターロック嫌いじゃないですよ?^^
聴いててカッコイイと思いますし、多かれ少なかれ通ってきているサウンドなので。
ただ、自身で演るのが苦手なだけですwww ウッシッシ。
テレキャスをクランチでジャキジャキいわせるような音より、
ウォームなドライヴサウンドが性に合ってるのですよ。

さて、ジョージアに勧められNICO Touches the Wallsを聴いてみました。
楽曲もそうですが、Vo.光村さんのキャラクターが良いですよね、素晴らしい!!
櫻井さんを思わせるようなエッジのかかった甘いトーンもあれば、
清春さんを彷彿とさせるようなロックな歌い方もあったり、聴いてて飽きないですね^^

サウンドは流行のギターロック、その中でも僕が着目したのがドラムの音です。
格段、面白い音だったり珍しい音ってわけでは無いんですが
良い意味で、スネアが煩くないな~と。この手のジャンルでこういう音かぁ~と。
Dr.対馬さんの叩き方も大きな要因だとは思うんですけど、
リムのかけ具合、コンプの度合いと重心の位置、
これらが全体のアンサンブルの中で大きな鍵となっていますね。

ドラムだけで聴いていると、激しい曲調の時に物足りなさを感じるかもしれませんが
歌を始め、弦が持っていってくれるので全然問題ないです。
スネアの コインッ っていう帯域が、先程も触れた光村さんのエッジと被りにくくなっています。
それはギターの美味しい帯域にも同様、・・・よって心地よい分離になってますね。

これは良いなぁ~^^
11曲目の波。特にこの曲のスネアの音作りが好き。


僕はギターロック系ではACIDMANの一悟さんのようなドラムが大大大大好きだったんですが
対馬さんのような音も良いなぁ~と新鮮な感じでした^^

ま、ひっくるめて言えば全体のバランスが整ってて
美味しく聴きやすいギターロックでした!!ご馳走様!!です^^

| 旧 金:音楽 | 21:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。