俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「"ちょっかな"と夏コミが終わったら・・・・・・」

「・・・・・・俺、浴びるように酒を飲むんだ」

というわけで、打ち上げ用に大量の酒を購入している私ですが、
購入済みの地酒と購入予定の地酒をご紹介致します。

十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰
皆大好き十四代。・・・・・・の中でも、自分が最も好きなのが、
このクラス、この酒米。
優しく包み込むように広がる米の旨み・甘味が溜まりません。
妖精さんのがんばりで今スタジオの冷蔵庫に一升瓶が2本あります。

②-1風の森 純米吟醸 山田錦 笊籬採り 無濾過生原酒
②-2風の森 純米吟醸 雄町 笊籬採り 無濾過生原酒
②-3風の森 純米 露葉風 笊籬採り 無濾過生原酒
②-4風の森 純米大吟醸 キヌヒカリ 笊籬採り 無濾過生原酒
自分の一番好きな銘柄、風の森。
安美味(やすうま)酒の代表格、
コストパフォーマンスの高さで知られる銘柄ですが、
その中でも"笊籬採り"と呼ばれるもろみと清酒を分離する技法を用いて
作られたものは絶品です。
もろみの風味をそのままに味わえ、旨みが全く壊れていません。
自分は雄町がイチオシ。
ちなみにまだ未購入ですが、買える宛てはある・・・はず・・・。

瀧澤 純米吟醸
生酒ばかりのラインナップの中唯一の火入れ。
ほとんどミネラル分を含まない超軟水で仕込まれた銘酒です。
仕込み水のミネラル分を得て活発になる酵母に対して、
超軟水を用いて仕込むのは至難の業ですが、
それを成立させてしまったのが、この銘柄です。
現在の地酒の味の嗜好の流れとして、
"元気のいい酸"というのがありますが、
いささか酸が強すぎるのも呑み飽きるという方には
この酒はおすすめかもしれません。
強烈なインパクトこそありませんが、
五味が大変バランスよく、特に苦味を前向きに受け入れられる酒です。
酸はそれ程強くなく上品で、呑み続きする素晴らしい美酒だと思います。
まだ未購入ですが、こちらは容易に入手可能。

佐久の花 純米吟醸 無濾過生原酒 Spec d
長野D酵母を使用しているから「Spec d」。酒米はひとごこち。
通常使用しているC酵母の酒に対して、
より華やかでより清らかな印象を受けるのが、この酒です。
酒だけでスルスルと呑めてしまう様な恐ろしい美酒なので、
泥酔しないように注意が必要です。購入済み。

川中島幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼりたて
長野の女性杜氏・千野さんの手によって醸された素晴らしい美酒です。
当初、純米吟醸というクラスの作りは苦手とおっしゃっていたらしい
千野さんですが、全くそんなことはありません。
香り、味、どちらを取ってもなかなか非の打ち所のない美酒です。
スッキリしている様で、旨み、甘味、酸、がしっかりと主張し、
呑みすけ共も納得の美酒だと思います。購入済み。

龍神 純米大吟醸 亀の尾 生詰
群馬の龍神酒造が醸す傑作。
生産量の少ない亀の尾で作られ、とある酒屋さんの店長曰く
一升8,000円取っていい美酒
とのことですが、それも頷けるレベルのお酒です。
実際は、3,700円程度で買えますが、このレベルを呑まされると、
同じ価格帯で太刀打ち出来るの銘柄を探すのが大変なレベルです。
購入済み。

上喜元 渾身 仕込第三九号
最後に紹介するのは、様々な米をかなり高度なレベルの味の
日本酒に仕上げる酒田酒造、上喜元の会心の美酒です。
"幻の米"と呼ばれるものは言葉に反して数多くありますが、
その中でも希少な白玉を掛米として用いて作られたのがこのお酒。
このお酒も傑作と呼ばれる生酒の例に漏れず、
旨味、甘味、酸のバランスが凄まじくいいです。
それもかなり洗練されたレベルに感じました。
この酒は今まで紹介した中でも、呑むのが一際楽しみです。
購入済み。


いやー、調子こいて酒買いまくってたら散髪する金がなくなりました。

| 旧 火:美術 | 01:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。