俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音屋カンタービレVol.53

お疲れさまですーさっしーですー
もはや冬ですね。
日本酒が美味しい季節になってきました。
黒岩さんのおかげで僕もすっかり日本酒が好きになってきました。

というか。
紅楼夢の辺りから黒岩さんがなぜか僕のこと
「ササオカ」とか、「ササオ」とか呼びまくるもんだから、
メンバー内はおろか、他サ-クル様にも若干浸透してきて、
最近さっしーってあんま呼ばれなくなってきたような・・・

ええ。
まあ気を取り直して。
先日は東方キネマ倶楽部でした。
来場された方、本当にありがとうございました!
僕にとっては君美加入後初のライブがキネマ倶楽部での
Seven Colors Armyだったので
制作、イベント、ライブに各種オフ会などで
経験値を積ませて頂いた上でのぞんだ今回のライブは、
とても感慨深いものでした。

さてさて、
君美の連中は機材がとにかく多いのが特徴のひとつでもあり、
みなさんの中で楽器をやっている人なんかは
僕らが何を使ってるのか興味があるかもしれません。
というわけで今日はライブ時のわたくしさっしーの機材を紹介ー。

01_20101113012619.jpg

はい、これが僕のアンプ。
上に載ってる青いちっこいのがアンプヘッド。
この子はZinky Electronics NS-2というヘッドです。
渋谷と名古屋にあるビンテージギターショップ、
Nancyさんのプロデュースによるオリジナルアンプです。
Fenderのアンプの設計者であったZinky氏との共同開発のアンプで。
ベルベット生地の表面がとても可愛いです!
Fenderのビンテージアンプをより使いやすく、
というNancyの社長の要望により生まれました。
ブルース~ジャズなんかにばっちりのアンプですが、
歪みチャンネルもついてるおかげで使いやすく、
25Wながら音量も出てとてもいい感じ。

その下の黒い1UのハーフラックがBOSS SE-70。
1990年代のマルチエフェクターですが、
僕はSend/Returnにかまして主に空間系、フィルター系として使ってます。
ラックなのにいい意味でコンパクトっぽい掛かり方をしてくれます。
オークションで購入したのですが、
今はかなり底値で取引されてるので最初のラック系としてかなりオススメですよ!

その下がEx-proのワイヤレスシステム。

そしてキャビ。これはCrews Maniac Soundのもの。
12インチ2発です。
新宿のとある楽器屋で中古で格安で手に入れたシロモノですが、
内蔵されてるスピーカーがなんとあのTone Tubby。
じつにお買い得でした。
音は生で聴いた感じ、ちょっと「もあっ」とするというか、
わりと下めの方が出る印象です。
しかし、これがマイクを通すと、まとまりと密度のある音に。
どうやらこのキャビ、
マイクを通した時にしっかりとした出音になるよう設計されたのではないでしょうか。
さすが現場主義のCrews社です。おそるべし。
まあそれゆえにアンサンブルの中で使うと埋もれがちになるのが弱点でもありますね。

足下にいってみましょう。

02_20101113012627.jpg

右上の銀色の小さいペダルは知人製作のA/Bボックスで、
そこからWay Huge Pork Loin
Barber Small Fry
Suhr Riot
と繋がっております。
3つ全部歪み系っていう(笑)
用途としては、
Pork Loinがクリーンブースト、
Small Fryがオーバードライブ、
Riotがディストーションと言った具合です。
これらを曲に寄って踏み分けてると言った感じですね。
Riotはここ最近発売されてかなり人気のハイゲイン系のペダルで、
とってもアンプライクな歪みです。

左側の2つのスイッチは、
右がアンプのチャンネル切り替え、
左がSE-70のエフェクトのON/OFF となっています。

ちなみに、右側のボードの茶色いマルチは、
エレアコ用エフェクターKORG G2です。
ボリューム用エクスプレッションペダルを追加してあります。
これも19990年代くらいの機材。
古いの好きみたいだなあ自分(笑)

とまあ、こんな感じでした。
ただ、今回ひとつだけ残念だったのが、
本番時に回線のトラブルでワイヤレス装置が使えなかったこと。
これにより有線での演奏を余儀なくされ、
リハ時と音のバランスや歪み具合ががらっと変わってしまったのです。
Ex-Proのワイヤレスにはバッファが内蔵されてるので
元の音と少し変わった音になりますが、
これに合わせてアンプ、エフェクターをセッティングしていたため、
インピーダンスの関係でかなり歪みの深い、抜けにくい音になってしまっていたのでした。
非常に悔しい!
次回は必ず改善しようと思ったのでした。

おまけ

03_20101113012632.jpg

弦切れた際のバックアップとしてこんなギターも用意しておりました。
このピックガード可愛いでしょ?
これが何か分かったあなたとはすごく仲良くなれそうです(笑)

| 旧 金:音楽 | 23:59 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>これも19990年代くらいの機材。
>古いの好きみたいだなあ自分(笑)

未来に生きすぎワロタ

| fanfan. | 2010/11/13 04:13 | URL |

19990年とか最先端過ぎるwww

ってツッコもうと思ってたらもうfanfanさんがツッコんでたとか……(´・ω・`)

| | 2010/11/13 04:34 | URL | ≫ EDIT

おわー!!!
大誤植!

でも面白いからこのままでいいやw

| さっしー | 2010/11/13 05:52 | URL |













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。