俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(仮)へぼぶろ vol.4

皆さんこんばんわ、へぼです。

スタストがあと二回で終わってしまうという悲しい現実に
おろおろしています、あぁぁ。
木曜深夜は憩いの時間でした、それが無くなってしまうのは
何とも残念です、うむむむむ。
でも来春に二枚目のCDが出る(はず)みたいで、
その少しの希望を胸に、年明けから生きていこうと思います^^

生きる糧って大事ですものね。




さてさて、話は変わって緊急事態が起こりました。
君美ではキムチをよく食すのですが、支配人やTymizzさんを始め
メンバーみんながこよなく愛してきた" 大阪鶴橋白菜キムチ "が
近所のスーパーで取り扱いを止めてしまったらしく
買出しに行ったTymizzさんがガッカリして帰ってきました。

キムチ

さすがの支配人も驚きの色を隠せず
「今後俺らは何を糧に生きていけばいいんだッ!」
この忌々しき事態を重く受け止めているようです。

この"大阪鶴橋白菜キムチ"に辿り着くまで、実に色んな種類のキムチを食してきました。
その中で、これが俺らのジャスティス!…と呼べるキムチに出会って
今まで何パック消費してきた事か、食べて食べて食べまくってきました。
君美の活動はこのキムチと共にあったと言っても過言ではない。


それが…突然の別れ、あぁ一体誰がこんな運命に陥れたんだ!


君美はこれからまた、キムチを探す旅を始めます。
そこには色んな出会い、色んなドラマがあることでしょう。
けれど、僕らは決して忘ることはない。
大阪鶴橋白菜キムチと歩んだ栄光の日々を。

思い返せば、センチメンタルな甘い思い出なんてそうない…キムチだけに。
でも、君が冷蔵庫にいるだけで、みんなが笑顔になるんだ。
2パックあった時の安心感なんて計り知れなかったんだぜ?
それらは君にしか出来ない事だったんだよ。
いつも真っ赤でピリッとした性格だったけど、そんな君が大好きだったんだ。

もし生まれ変わっても、行き着くキムチが君だって事を
僕らは信じてる、断言できる、間違いない!

今まで、ありがとう。

さようなら。




























じゃ、取り扱ってる別の店に買いに行こうか!三ヽ( ・∀・)ノ

| 土:PHEVOTT | 22:24 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

大阪に住んでるけど鶴橋には行ったことないな…なんでも町全体がキムチのにおいに包まれてるそうな

| mistyrain | 2010/12/22 00:09 | URL | ≫ EDIT

そんな…そんなぁ(´;ω;)

| ふぃーふぃー | 2010/12/22 05:31 | URL |

>mistyrainさん
えぇぇwでは鶴橋に行けばエアキムチが堪能できますね^^

>ふぃーふぃー
昨日再度確認に行ったけどやっぱり無かったよ・・・

| PHEVOTT | 2010/12/23 07:46 | URL | ≫ EDIT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。