俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人のDEBU☆Navi -#002「酒庵 酔香」

どうもこんばんわ。

新企画・第2週目、ご紹介するのはこちら↓

押上酒庵 酔香 さん

酔香6
外観

↓↓では早速適当レビュー行ってみましょう!↓↓

■超個人的評価

コストパフォーマンス:★★★★★
予算:4,000円~5,000円

※あくまで私個人の感覚での評価です※

■個性的かつ幅広い層に対応する日本酒ラインナップ

先週ご紹介した酒徒庵さんもそうでしたが、こちらも珍しいお酒が呑めます。
画像でも紹介していますが、
「発光寺強力」や「竹雀」は他の居酒屋ではまずお目にかかれたことがありません。
ただ、珍しいばかりではなく、リアルタイムで台頭してきている銘柄や
昔からぶれない酒造りをされている安心の銘柄もラインナップされており、
幅広く日本酒が楽しめます。

酔香5
竹雀

酔香2
発光寺強力

■半合400円、1合700円

こちらも実にお安い価格設定。
先週の酒徒庵さんと実質的には同レベルです。
開店されてまだ1年という比較的若い酔香さんですが、
この価格設定もあってか、連日の超満員です。

■一工夫の肴

画像でも紹介していますが、「奈良漬マスカルポーネ」
「クリームチーズの貴醸酒合え三色レーズン入り」などなど、
ひとひねりされたメニューが並びます。
これが酒に合うのなんのって、
しかも少量でも味わって酒が呑めるつまみが多いので、
凄く懐にも優しいです。

酔香3
クリームチーズの貴醸酒合え三色レーズン入り

酔香4
奈良漬マスカルポーネ

■最高の酒器

もはや銘酒居酒屋の定番酒器とされている今宵堂の半合ぐい飲みと
何よりも驚いたのが、画像でも紹介している錫製の酒器です。
こちらはお燗を頼んだときに使われる酒器なのですが、
飲み口が素晴らしいことこの上ない!
一応こちらの酒器のお値段も伺ったのですが、聞かなかったことにしました。

酔香1
錫製の酒器

■築50年、趣のある店内

築50年以上の元々下町の酒屋であった建物を改装された店内は、
昭和の匂いを帯びていて非常にムードのある空間です。
そして、カウンター越しの渋い店長さんもより一層この空間を粋なものにしています。

↓酒庵 酔香さんのことをもっと詳しく知られたい方は以下のリンクから↓
公式サイトhttp://www.shuan-suiko.com/
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13110623/

| 金:黒岩サトシ | 21:00 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

本当はどうなの?

| | 2011/08/13 01:03 | URL |













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。