俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人のDEBU☆Navi -#006「百作」

どうもこんばんわ。

新企画・第6週目、ご紹介するのはこちら↓

浅草百作 さん

百作1
外観

こちらのお店はサークル・Diverse System様関連でお世話になっている
関勝俊さんのご紹介で訪問させて頂きました。

↓↓では早速適当レビュー行ってみましょう!↓↓

■超個人的評価

コストパフォーマンス:★★★
予算:6,000円~7,000円
※あくまで私個人の感覚での評価です※

■心のこもった絶品料理の数々

出てくる料理全てがハイレベルで、
美味い上に「粋」な感じのする食べていて気持ちよくなれる料理の数々でした。
特筆すべきは、何と言っても「かき揚げ」!
これはなかなか味わえない領域の上品な味わいの「かき揚げ」でした。

百作4
舞茸の天ぷら

百作5
かき揚げ

■PB商品「百作」「大樹」

こちら百作さんでしか呑めない所謂PB(プライベートブランド)商品の
「百作」と「大樹」という名を冠した日本酒。
当然、自分が呑まないわけもなく、
「大樹」は冷酒で、「百作」は燗で頂きました。
これが実に旨い!どちらかというと甘めの呑み易い路線の旨さでした!
他にも美味しい日本酒を4~5種類程度扱われています。
画像2枚目は「大樹」を撮り損ねたので、代わりに「会津娘」。

百作6
PB商品「百作」

百作2
会津娘

■「粋」の体現

浅草という立地に相応しい「粋」が店内外観から内装、
更には燗をつけるために専用の湯沸しが各テーブルに設置されています。
錫製のチロリで酒はサーブされいつでも燗がつけられます。
更に好きに選べるおちょこ、燗の時は陶器のものを提供してくれます。
実に「粋」!興味を持たれた方は是非一度その目で確かめに行って下さい。

百作3
自由に選べるお猪口

↓百作さんのことをもっと詳しく知られたい方は以下のリンクから↓
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13083641/

| 金:黒岩サトシ | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。