俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大人のDEBU☆Navi -#009「吟吟」

新企画・第9週目、ご紹介するのはこちら↓

大森吟吟 さん

吟吟4
外観

↓↓では早速適当レビュー行ってみましょう!↓↓

■超個人的評価

コストパフォーマンス:★★★★
予算:5,500円~6,500円
※あくまで私個人の感覚での評価です※

■先ずは山口県から空輸の刺し盛りを

吟吟さんとは切っても切り離せない山口県の銘柄・「貴」。
同じく山口県で取れた新鮮な魚介を空輸で取り寄せ、
他の店では出せない味わいを演出する「刺し盛り」は必ず食べるべきだと言っても過言ではありません。
他にも「大人のポテトサラダ」や「さつまあげ」などオススメは目白押し。
日本酒の聖地の肴は一味違います。

吟吟1
刺し盛り

吟吟2
有機野菜の盛り合わせ

吟吟3
さつまあげ

■限定酒のオンパレード

この吟吟さんは、とにもかくにも限定酒が目白押し。
プライベートブランド以外にも、この吟吟さんでしか呑めないスペシャルエディションな酒が、
一度の来訪では呑み切れない程取り揃えられています。
一杯550円で味わえるプレミアムな一時に酔い痴れて下さい。

吟吟5
プライベートブランド「麻結佳」

吟吟6
「天青 "防空壕貯蔵"」

■頻繁に開催される蔵元会

毎月と言わず、毎週と言ってよいほど、こちらでは、
特定の蔵元さんによる所謂「蔵元会」が開かれています。
自分が訪問した日も静岡の「臥龍梅」を醸す三和酒造さんによる講習会が開かれていました。
特定の銘柄をこれでもかと呑みたい方にはオススメです。

↓吟吟さんのことをもっと詳しく知られたい方は以下のリンクから↓
公式ブログhttp://ameblo.jp/oomorigingin/
食べログhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13031819/

| 金:黒岩サトシ | 15:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。