俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

YASE★Navi -#03

こんばんわ、YASE★Naviです。


※注:今回は、プロレスファン以外は完全に置き去りにします。



10月3日(月)、A-OneのYassieさんと後楽園ホールへ、新日本プロレスの

天山広吉デビュー20周年記念興行」を観戦に行ってきました。

普通の月曜日だというのに、会場には天山の記念日を祝う気満々の
熱く優しいお客さんが集結して最高潮に盛り上がり、
僕らもとても温かい気持ちになって、大満足で後楽園ホールを後にしました。



天山は本当に愛すべきプロレスラーです。

プロレスファンで天山が嫌いな人なんていないのではないでしょうか?
こんなにも不器用で武骨で切なくて、感情移入しがいのあるプロレスラーは他にいません。


 蝶野と組んでは2番手、小島と組んでも2番手。
 
 ヒールキャラのマイクもイマイチうまく決まらず。

 一世を風靡した天コジタッグも、小島からコンビ解消を言い渡され。

 ようやく手にしたIWGPも、中邑真輔に破れて最年少戴冠を許し。

 小島と史上初のIWGPと三冠のダブルタイトル戦で、59分45秒で脱水症状で失神負け。

 怪我に泣き、真壁に裏切られ、飯塚に裏切られた上に付きまとわれ、

 人身事故を起こし、さらに怪我に泣き…


ずっと同じ入場曲で、猛牛キャラを貫き、モンゴリアンチョップ、
マウンテンボム、TTD、ダイビングヘッド、ムーンサルトプレス、

そして、アナコンダバイス。


今回の20周年はまだまだ通過点として、
これからもプロレスラー・天山の生き様を見せてほしいです。


10月3日はテンザンの日!!!

| 月:Tymizz | 01:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。