俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒岩君の旨酒備忘録

どうもこんばんわ。

なんだか久しぶりの更新になってしまって申し訳ありません。

この長い休止期間、何をしていたか申し上げますと、
自分と仲良くして下さっている酒好きの皆さんと一緒に

「一升瓶2100円以下の地酒グランプリ」

という計画を進行していました。

んで、3/11(日)に記念すべき予選Aブロックが、
20人の精鋭たちの協力を得て開催されたわけです。
おおまかな取り決めは以下。

・銘柄の先入観を消すため、全ての瓶に新聞紙を巻き通し番号をつける。
・準備された11種類の地酒を全て試飲する。
・1番美味しかったと感じたものを11点、2番目を10点・・・1番好みでなかったものを1点。
 という具合に降順で採点。(同点の採点は禁止)
・全員の採点結果が出揃い次第集計し、合計点の多い順に順位を発表。
・予選勝ち抜けで決勝ラウンドへエントリーできるのは上位4銘柄。

結果は↓のURLよりExcelのシートをダウンロードできます。

http://firestorage.jp/download/24604b4de2cdbac40c37557387f07103e2e0604b

こうして予選Aブロックから勝ち上がったのは、

豊香、風の森、亀齢、米鶴

の4銘柄。

気になる予選Bブロックにエントリーするのは、

貴、鍋島、阿櫻、初亀、常山、上喜元、栄光、兆久、駿、琵琶のさざ波

の10銘柄。

そして、決勝にシードされているのは三芳菊と十四代です。

どの酒が独断と偏見で選ばれた地酒の頂点に立つのかお楽しみに!

| 金:黒岩サトシ | 22:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。