俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

YASE★Navi -#54

こんばんわ、YASE★Naviです。


先週、紅楼夢が終わった翌日、黒岩とHispと僕の3人は、
「せっかく東京から大阪まで8時間もかけて車で来たんだから
 このまますぐに帰るのはもったいない。もっと西まで行ってみたい!」
という、僕のたっての希望で、香川県へ本場のうどんを求める旅に出ました。


紅楼夢の後の打ち上げも早めに切り上げて、翌日は朝9時に大阪を出発。
兵庫県から明石海峡大橋を越えて11時頃に淡路島に到着。
途中、淡路SAからの景色は壮観でした。

淡路SA

そして、僕にとっては初となる念願の四国に上陸。
やはり行ったことのない県に入るとテンションあがります!

ほんの一瞬だけ徳島県を通って、
13時頃、香川県の讃岐うどんのメッカである善通寺市に着きました。
調べてみると、この善通寺市だけでも数十軒のうどん屋さんが
ひしめいているというから驚愕です。

黒岩が調べた「オハラ」というお店に行ってみたところ、
なんと本日分は既に売り切れ…

オハラ
雰囲気たっぷりな店構えに期待が膨らんでいたところだったので
とても残念でしたが、すぐに気を取り直して次の店へ移動。

それにしても、道行く人も車通りもほとんどないのに、
うどん屋さんの駐車場だけは写真の通りの混み具合という、さすがのうどん県。

長田in香の香①
ようやく有り付いた1軒目の本場讃岐うどんは「長田 in 香の香」。

かなり広めな店内で席数も多めでしたが、昼時ということもあり
ほぼ満席状態で、僕らの入店後も絶えることなく
どんどんお客さんが入って来ていました。

釜あげうどん「たらい小」(3人前900円)長田in香の香②
一言、感動と納得の「Theうどん」でした。

うどんの麺そのものの味、ゆで具合によるもっちり感、
つゆのダシの豊かさ、薬味を加えたときの香りの広がり…。

うどんへの飢餓感や空腹も加わってのことかも知れませんが、
間違いなく今まで食べたことのない最高のうどんでした。
ちょっとこれを言葉で説明するのは難しいかも。。。

3人して感慨にふけりながらも、次の店へ移動しました。
ちなみに黒岩はこの店でお土産に、つゆを一升買っていましたww

次のお店も善通寺市内で、車で5分ほどのところにあった「大釜うどん」。

大釜うどん①

釜あげうどん 小270円大釜うどん②
まずビックリしたのは、小なのにこの量!
うっかり欲張って大を頼んでいたら大変なことになるところでした。。。
こちらのお店でも、麺の風味ともっちり感は感動モノ。
先程のお店との違いを感じたのは、やや角があるつゆでした。
普段、東京で食べるつゆと異なるのは
醤油のツンとくる味がせず、あくまでダシの味と香りが広がるところ。
口から鼻いっぱいにブワーッと鰹節の風味が押し寄せる感覚でした。


結構な量を食べ切って、一息ついてから同じく善通寺市内の3軒目「うどん山下」。

うどん山下①

冷やしぶっかけ 小250円うどん山下②
ここは、つゆの味は控えめで、麺にしっかりとしたコシがあり、
うどんの麺そのものの味と歯応えが楽しめました。


立て続けに3杯のうどんを食べた一行はいよいよ地獄の帰り道へ。
ドライバーは僕ひとり。。。。


今度は香川県から北へ鳴門大橋を渡って、岡山県を通るルートを選択。

しかし、2時間も運転するともう疲れが出てきてしまい、
夕方頃から倉敷市内のスーパー銭湯で休憩。
しっかり休んで完全回復して、22時過ぎに改めて東京へ向けて出発。

倉敷からの帰り道はとても順調に進んで、朝5時頃には名古屋に到着。
名古屋からは走り慣れた東名高速を一気に戻り
無事、約750kmを完走して、正午には帰宅できました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


香川県で本場のうどんを堪能した旅でしたが
東京に戻ってからも、やはり相変わらず食べ慣れた関東のうどんを食べてます。

結局、うどんはいつどこで食べても美味いということです!!

| 月:Tymizz | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。