俺の図書館

君の美術館メンバーによる、仮想週間雑誌ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

へぼぶろ

明けましておめでとー!今年も宜しくお願いしまっす!
はい、こんばんは、PHEVOTTです。

今日は制作中に質問を頂いたので、そちらのお答えをしようかと思いますー。


Q:ラテン風の曲を作る場合のコツはあるんでしょうか?

A:一言で言うと「西洋の音楽性と16ビート」だと思います。

ラテンというのがそもそも様々な要素を持っている音楽なんですが
スパニッシュテイストのメロやコード感、それにアフリカ系のリズムをプラスしたものが
ラテン音楽だと、おおよそ一般大衆の認知になっている現状ですので
そこにフィットさせるのが「ラテン風」の近道になるかと思います。

(分かり易いようにマイナー調の楽曲をケースに話を進めます。)

具体的にはダイアトニック上でのⅡ、Ⅲ、Ⅶ、この三つを如何に操り
ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケール
あとは♭5系とディミニッシュですね、これらの聴かせ方がモノを言うかと思います。

Ⅶm7♭5とⅢm7をⅦ7、Ⅲ7にして
Ⅶ7 - Ⅲ7 - Ⅵm という流れなんかよくある手法ですね。
これは251をモーダルインターチェンジしたものです。
(251とはセカンダリードミナントにエクステンションⅡofⅤの考え方です)
Ⅲだけだとポップスでもよくあり、ハーモニックマイナーが主流ですが
Ⅶをこうする事でメロディックマイナーが映える箇所を作れます。


リズムは基本16ビートです、そして表拍(4分)を強く取ります。
そこに乗せるのがギターでよくやる「ンチャ、ンチャ」というスカのパターン。
後はブラスのフレーズで裏拍にアクセントを入れて躍動感を出したり。

そして付点系のリズムを絡ませることで横の流れとグルーヴを生みます。
ベースとかアルペジオパートを担う楽器が多いかな。


そして、音色の持つ力を借りると早いです。
ガットギターやジャンベを始めとするパーカッション類を入れるだけで
ぐっとラテンっぽさは出し易くなるかと思います。


サルサ、ルンバ等、ラテンの中でもまたスタイルが確立されています。
源流が似たものでも広まった国や文化で多種多様なので
色々と巡って聴いてみると、自分好みのテイストが見つかるかもしれません。

Ricky Martin や Juanes を聴くのも良い勉強になるかと思います。

・おまけ
質問者から君美のおてんば恋娘のIntro部分、楽譜下さいーとの声を頂いたので置いておきます。
(スタッカートと紛らわしいテンション表記は割愛にて)
ちなみに君美のおてんば恋娘はタンゴとかスパニッシュとか色々混ざってるので
一言にラテンアレンジとは言えないです、何か変なもんですw

Otenba.jpeg

それでは御機嫌よう〜( ´ ▽ ` )ノ

| 土:PHEVOTT | 20:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

へぼぶろ

久しぶりのブログ、へぼです。ただいまw
C83お疲れさまでしたー!
僕は朝からC-CLAYSさんのお手伝い。
昼過ぎからArteと君美回って知り合いにもちょこちょこ会えました。
というか、君美メンバーと数ヶ月ぶりに会えましたよwww
みんな相変わらず元気そうで、相変わらず変な奴らで安心しましたw

さて、そんなコミケ帰りのタクシーにて。
気さくな運転手さんと話が弾み、コミケの話題も相まって
自分がアニメとかゲーム関連の音楽制作の仕事してるって事を言うと

運『お客さん、閃乱カグラって知ってます?』

へ「はい、もちろん知ってますよ」

運『実はね、お客さんの前に乗車した人がその作品手がけてる方だったみたいで』

へ「おぉーほんとですか(ちょっと気分高揚)」

運『Tさんって仰る方だったんですがね、色々と楽しい話をさせて頂きました』

へ「ガタッ!!!!!」

運『どうしました?』

へ「・・・なんということでしょうw」


へ「いや~実は僕が所属してるチームの先輩が、主題歌書いたんですよ」

運『!!!!!!!!!!!!!』

運『・・・なんということでしょうw』


世界ってほんと狭いですねwびっくりしました。
まぁコミケ当日だからってのもありますけど。

そんなこともあって話に花が咲き、車中とても楽しいひとときを過ごせました。

その運転手さんには劇団やってるお子さんがいるらしく
『色んなオーディション受けて、CMの仕事やったりしてます』なんて話も伺い、
コンペ受けたりしてる自分と似たような境遇だな~と思いました。
道は違えど、夢に向かって頑張ってる人の話を聞けると
何だかこっちも励みになりますよね。

ありがたいことに、運転手さんが
『いつか息子が演じる舞台で、あなたが音楽担当してくれたら嬉しいですね』
そんなことを仰って下さいました。
まだまだ駆け出しのザコですが、これからも頑張っていこうと強く思いました。
人の「縁」というのは不思議な力があるので
またどこかでお会い出来ると嬉しいな~。

そんな感じで、何とも心がほっこりする出会いでしたw

では皆様、良いお年を~(´ー`)ノシ

| 土:PHEVOTT | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

へぼぶろ

タスク量がやべぇ半端ねぇうへぇって感じなので
落ち着くまでへぼはブログお休みします。
年明け前に生きて戻ってきたいな・・・
では御機嫌よう〜

| 土:PHEVOTT | 23:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

へぼぶろ

ここぞという時に黄帝液でブーストすると
乗り切った後、起き抜けの倦怠感が凄まじい・・・。
やはり一時的なリミットブレイクの代償はあるものですね。
まぁリポDとか翼とかはもう全く効かないので
急用にはこれで対処するのがベストなわけですが。


さて、今日は近所のパン屋で「かぼちゃグラタンのパン」という
名前からして美味しいこと間違いなしの一品を購入。
らんらんるーな気分で珈琲を淹れ、
涼しげな秋の空気のもと、お手を合わせていただきます。

「・・・酸っぱい」

何でしょう、まろやかなホワイトソース+カボチャ特有の甘み、
きっと誰もが想像するに難くない組み合わせかと思うのですが
彼は全く異端なブツでした。アボイドノートを含んでおられます。

例えば、調理する際に塩加減をおやおやまぁまぁと間違えて
「しょっぱくなってしまった」のならまだ理解の範疇なわけですが、
如何せんこの『鋭い酸味』は一体どこからおいでなすったのか。
君の居場所はここには無いはずだが?

明日あたりWCに駆け込むことになったら
パン屋に突撃でございまする。
「トリックぉぁトリートぉぉ!!菓子はいらん胃薬よこせーヽ(`Д´)ノ」

| 土:PHEVOTT | 18:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

へぼぶr

キンモクセイの香りが鼻をくすぐりまする
すっかり秋の匂いがしますね〜
空気もカラっとしてきて過ごし易い。

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋、皆さん楽しんでますでしょうか?
・・・俺?締め切りの秋だよw

| 土:PHEVOTT | 19:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。